メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOCは太鼓判押したのに……開催巡り賭けの対象となった東京五輪

東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場=2019年11月30日、本社ヘリから

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京オリンピックの中止や延期の可能性について海外メディアが連日報じるようになった。大会組織委員会は、開催を前提に対策を進めるとしている。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も開催準備に全力を尽くすことを強調した。しかし、海外ブックメーカーでは開催の可否が「賭け」の対象になるなど、そもそも開催できるのかどうかに注目が集まっている。【倉沢仁志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです