特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

作田、力ためて一気に日本勢トップに 終盤寒さで失速 びわ湖毎日マラソン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本選手1位でフィニッシュする作田直也=大津市の皇子山陸上競技場で2020年3月8日、小松雄介撮影
日本選手1位でフィニッシュする作田直也=大津市の皇子山陸上競技場で2020年3月8日、小松雄介撮影

 東京オリンピック男子マラソン代表選考会を兼ねた第75回びわ湖毎日マラソン(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)は8日、大津市の皇子山陸上競技場を発着点とするコースで行われ、作田直也(JR東日本)が2時間8分59秒で日本勢トップの4位に入った。

 日本勢トップの作田は「2時間10分切りと日本人1位のどちらかを狙っていた」と満足感をにじませた。ただ、雨で気温以上に肌寒かった影響もあり、終盤はトップ争いに加われなかった。「後半、大幅にペースを落としたのは力不足」と反省も忘れなかった。

 中盤過ぎまで2時間7分台を狙えるペースで進んだが、30キロ過ぎに外国勢や鈴木ら4人がスピードを上げても無理に追わなかった。力をためたことで、32キロ過ぎで鈴木をかわし、34キロ手前で並走していた奥野を突き放し日本勢トップに。「焦らず自分のペースで行こうと思ったのがうまくはまった」。ただ、35キロからの5キロは16分とペースダウン。先頭を追うまでには至らなかった。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文697文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集