特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「力士の四股は邪悪を押し込む力」「世の中に平安呼び戻す」春場所で八角理事長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
無観客で開催された大相撲春場所で土俵入りする力士たち=エディオンアリーナ大阪で2020年3月8日、猪飼健史撮影
無観客で開催された大相撲春場所で土俵入りする力士たち=エディオンアリーナ大阪で2020年3月8日、猪飼健史撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、史上初の無観客開催となった大相撲春場所は8日に初日を迎え、日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は通常の場所通り、土俵上であいさつを行った。全文は次の通り。

 初日にあたり、謹んでごあいさつを申し上げます。

 公益財団法人日本相撲協会は、社会全体でコロナウイルス感染症の拡大を防いでいる状況を勘案し、また、何より大相撲を応援してくださる多くのファンの皆様に、ご迷惑をかけることは決してできないと考え、大相撲3月場所を無観客で開催させていただくこととなりました。

 本場所を楽しみにお待ちいただいておりました多くの皆様には、大変なご迷惑とご心配をおかけすることとなりましたが、なにとぞ、ご理解をたまわりますようお願い申し上げます。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文866文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集