メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証一時2万円割れ 新型コロナ懸念 一時101円台

 週明け9日午前の東京株式市場は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対する懸念から全面安の展開となり、日経平均株価は一時2万円の大台を割り込んだ。取引時間中に2万円を下回るのは2019年1月7日以来、約1年2カ月ぶり。日経平均の下げ幅は前週末終値比で一時1200円を超えた。一方、東京外国為替市場は円相場が一時、16年11月以来約3年4カ月ぶりとなる1ドル=101円台の円高水準に突入し、株価の下押し要因となった。【三上剛輝】

 日経平均の午前の終値は前週末終値比1276円68銭安の1万9473円7銭。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです