メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

危機管理とリスク管理=斉藤希史子

 2月のグループ公演「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト」(東京、滋賀)は「危機管理」を考えさせた。座長のコジョカルが来日直前に負傷したのだ。主催の日本舞台芸術振興会は急きょ、本人の出番を減らすと共に強力な助っ人を招集。独ハンブルク・バレエから菅井円加(まどか)らが駆け付けた。

 菅井は「海賊」を、相手役を替えて全6公演で引き受けるなど大車輪の活躍。露マリインスキー初の外国人スターであるキム・キミンとの顔合わせは、まさしく「ドリーム」の実現だった。技術と華が釣り合い、互いへの気遣いも端々にのぞく。裏事情がどうあれ、舞台では己に妥協を許さないプロ魂を見た。危機にこそ、主催者と踊り手の真価が発揮されるのである。

 そして2月26日に出された、新型コロナウイルスに関するリスク管理の「要請」。公演中止が相次ぐ中、イワキバレエカンパニー(IBC)は11日の「ヴェニスに死す」(東京都渋谷区文化総合センター大和田)を、予定通り開催する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです