メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

新型コロナ 手探りの対応=専門編集委員・川崎浩

 新型コロナウイルスは音楽関係にも大きな影響を与えている。政府の感染症対策本部が2月25日の会議の結果を受けて同26日に要請した“自粛検討”により、同27日には、公共ホールを中心に主催公演の中止や2週間ほどの延期が発表された。大規模ライブハウス「ビルボードライブ」も、同28日から3月11日まで、東京と大阪店舗の全公演中止を発表した。

 ただ、ライブ延期や中止の足並みはそろわなかった。「ビルボードライブ」同様、著名なライブハウス「ブルーノート」は5日から予定の約10日間の公演について、延期が決まり次第発表している。中小ライブハウスはほとんど通常営業を続けている。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです