メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

新型コロナ 手探りの対応=専門編集委員・川崎浩

 新型コロナウイルスは音楽関係にも大きな影響を与えている。政府の感染症対策本部が2月25日の会議の結果を受けて同26日に要請した“自粛検討”により、同27日には、公共ホールを中心に主催公演の中止や2週間ほどの延期が発表された。大規模ライブハウス「ビルボードライブ」も、同28日から3月11日まで、東京と大阪店舗の全公演中止を発表した。

 ただ、ライブ延期や中止の足並みはそろわなかった。「ビルボードライブ」同様、著名なライブハウス「ブルーノート」は5日から予定の約10日間の公演について、延期が決まり次第発表している。中小ライブハウスはほとんど通常営業を続けている。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです