メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

「スカーレット」大崎医師役、稲垣吾郎 31年ぶり朝ドラ、役者の原体験

ポーズをとる俳優の稲垣吾郎さん=大阪市中央区で、猪飼健史撮影

 「ヒロインやその家族を支え、安心感と生きる希望を与える医師として存在できればいいな」。女性陶芸家、川原喜美子(戸田恵梨香)の人生を描く連続テレビ小説「スカーレット」(NHK総合、午前8時など)は終盤を迎え、体調を崩した喜美子の息子、武志(伊藤健太郎)を治療する医師、大崎茂義役を演じている。

 “朝ドラ”出演は1989年放送の「青春家族」以来、31年ぶり。「生まれて初めて芝居をし、原体験として忘れられない思い出」と振り返る作品は、15歳の少年に「自分が一番やりたいことは演技なんだ」と人生の道筋を示してくれた。「いつかまた朝ドラに参加したかったので、今回の出演は本当にうれしい」と笑顔を見せる。

 演じる大崎には「医者なのに白衣を着たがらない」という風変わりな一面も。「脚本の水橋文美江先生は家族ぐるみでコンサートに来てくださるなど面識がある。先生の中の稲垣吾郎像があって、こうしたら面白いだろうという当て書きのニュアンスもあるのではないか」と話す。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです