メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

獣医らの間で静かなブーム リアルな牛の日常、グッズに 根室の酪農喫茶で販売 /北海道

牛の日常をリアルに描いたTシャツを展示する藪内直美さん=北海道根室市明郷で

 乳牛の何気ない仕草をデザインしたTシャツなどのオリジナルグッズが、根室市郊外の酪農喫茶で販売されている。「こんなマニアックな牛のしぐさ、グッズにしちゃうの?」と、獣医らの間で静かなブームになっているという品々。釧路市の酪農家で仕掛け人の一人、藪内直美さん(32)は「意外と知られていない牛のリアルな日常を多くの人に知ってもらいたい」と話している。

 背中を丸めた前傾姿勢でしっぽを上げる「おしっこ牛」、子牛がミルクの飲み足りなさを訴えてバケツをかぶる「バケツ子牛」、牛が独特のポーズで腹などをこする「ここがかゆい」――。酪農家であれば日常的な仕草だが、Tシャツに描いてインターネットで販売すると、その「あるある感」満載の図柄が獣医や酪農家らの間で人気を呼んだという。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです