メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

椿園歩くイベント マスク着け市花親しむ 和洋500種観察 松山 /愛媛

全員マスクを着用し、ツバキを鑑賞した=松山市朝日ケ丘1の松山総合公園ツバキ園で2020年3月8日、遠藤龍撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内のイベントが相次いで中止になっている中、松山市は8日、市花のツバキに愛着を持ってもらうイベント「椿(つばき)園を歩こう!」を実施した。参加者は「きれいだな」「こんな花もあるのか」と観賞を楽しんでいた。

 市は、野外でのイベントのため、感染リスクが低いと判断し実施を決めた。イベントは事前申込制で、予防のため参加者には電話でマスク着用のお願いや体調不良の場合は辞退を求めるな…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです