連載

あの味この味

毎日新聞デジタルの「あの味この味」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

あの味この味

“幻の地鶏”天草大王 復元20年、人気ブランド /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
かむほどに口の中でうまみが広がる天草大王のもも肉の塩焼き
かむほどに口の中でうまみが広がる天草大王のもも肉の塩焼き

 熊本県の在来種「肥後五鶏(ごけい)」の一つである天草大王は一度絶滅しながら、21世紀に入ってよみがえり“幻の地鶏”とも呼ばれる。2020年で品種の復元からちょうど20年目。生産者らの努力により、今では飲食店やスーパーで人気のブランド鶏となっている。

 天草大王は、明治中期に輸入された中国原産の「ランシャン種」をもとに、熊本県の天草地方で飼育されていたシャモやコーチンを交配して作られた国内最大級の肉用種。大型の雄は体長90センチ、体重は約7キロにも達したといい、福岡県の郷土料理「博多の水炊き」に欠かせない食材の一つとして高値で取引されていた。

 しかし、景気の悪化に伴って水炊きの需要が低下すると、飼育数も減少。産卵率が低い特徴も災いし、昭和の初めごろ、種が途絶えた。平成が始まり、熊本県農業研究センター(同県合志市)が1992年、復元のための交配を開始。国内外の品種で試行錯誤を繰り返し2001年、「天草大王」と呼べる鶏を生み出した。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1061文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集