メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン 債務不履行 政情不安や難民流入で混乱

 レバノン政府は7日、償還期限を9日に迎える外貨建て国債12億ドル(約1260億円)の返済について、財政難を理由に支払いを延期すると発表した。レバノンは長年の政情不安や汚職の横行、隣国シリアからの難民の大量流入などで財政危機が続いている。レバノンが債務不履行(デフォルト)に陥るのは初めてとなる。

 ディアブ首相は7日夜のテレビ演説で「国が対処できる借金の水準を超えてしまった。資金は国民のニーズのために使う必要がある」と説明。今後、債権者との交渉に臨む考えを示した。ロイター通信によると、レバノン政府の公的債務残高は国内総…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです