メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1歳児で約53分――。テレビやパソコン、スマートフォンなどで映像を視聴する時間(スクリーン時間)です。これは、2008年から10年にかけて不妊治療で生まれた子どもに対して、生後12カ月から36カ月まで6カ月ごとに生活習慣と発達過程を追跡した調査です。約4000人の母親を対象に、米国国立子ども人間発達研究所(NICHD)とニューヨーク大学の研究グループが行ったところ、1歳児で53分、3歳児で150分という結果が出ました。

 前回に続いて「依存」の話になりますが、乳幼児でもスマホ依存が深刻になっています。日本医師会が情報提供している「健康ぷらざ」の中でも昨年、「乳幼児のスマートフォン使用」が取り上げられています。スマホを「ぐずる子どもをおとなしくさせる効果的なツール」と考えて、外出先などでスマホを渡して子どもを静かにさせようという親御さんが多く見受けられる、と指摘しています。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです