メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教科の枠超え「探究科」模索 東京学芸大付属大泉小が開発

探究科の授業に臨む児童たち=東京都練馬区の東京学芸大付属大泉小学校で(画像の一部を加工しています)

 <kyoiku no mado>

 東京学芸大付属大泉小学校(東京都練馬区)が、教科横断的な新教科「探究科」の開発に3年前から取り組んでいる。この教科で児童に身につけさせたい力とは。授業をのぞいた。

 2月1日、3年きく組(児童約30人)で探究科の授業があった。一見、図工のようだが、理科にも社会にも見える。持参したデジタルの卓上時計や懐中電灯などの内部構造を知るために分解する児童の傍らで、別の児童はタブレット型端末を使って、マイクロチップの構造と役割を調べていた。

 この授業のテーマは「法則はわたしたちの生活を豊かにしていく」。日常で使う道具の変革がもたらした生活の豊かさは、電気や磁石といった「法則」と密接に関連していることを考えさせる狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです