メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教科の枠超え「探究科」模索 東京学芸大付属大泉小が開発

探究科の授業に臨む児童たち=東京都練馬区の東京学芸大付属大泉小学校で(画像の一部を加工しています)

 <kyoiku no mado>

 東京学芸大付属大泉小学校(東京都練馬区)が、教科横断的な新教科「探究科」の開発に3年前から取り組んでいる。この教科で児童に身につけさせたい力とは。授業をのぞいた。

 2月1日、3年きく組(児童約30人)で探究科の授業があった。一見、図工のようだが、理科にも社会にも見える。持参したデジタルの卓上時計や懐中電灯などの内部構造を知るために分解する児童の傍らで、別の児童はタブレット型端末を使って、マイクロチップの構造と役割を調べていた。

 この授業のテーマは「法則はわたしたちの生活を豊かにしていく」。日常で使う道具の変革がもたらした生活の豊かさは、電気や磁石といった「法則」と密接に関連していることを考えさせる狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです