メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「正念場」っていつなの? 当初の「ここ1、2週間」から「今」に変更 首相は回答避け続け

参院予算委員会で答弁のため挙手する安倍晋三首相=国会内で2020年3月9日午前9時1分、川田雅浩撮影

 政府は新型コロナウイルス対策の「正念場」について、当初の「ここ1、2週間」から「今」へと説明を変えた。政府の専門家会議が2月24日に「ここ1、2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解を示してから9日で2週間。いまだ収束の兆しは見えず、「出口」を示せないのが実態だ。一方で、政府要請による小中高校の臨時休校など国民生活への負担は重くなっている。

 「今回のウイルスはいまだ未知の部分も多いところで」「日々変わる情勢変化の先を見通しながら」

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです