メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲の伊東市議、フェスでセクハラ発言「銀座のママみたい」「地元ではみんな喜ぶ」

立憲民主党のロゴ=東京都千代田区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 2月16日に東京都新宿区で開催された立憲民主党党大会「立憲フェス2020」で、同党に所属する静岡県伊東市の石島茂雄市議(61)が、ジェンダーを考える出展ブースに参加していた女性に対し「銀座のクラブのママみたいだね」などとセクハラ発言をしていたことが明らかになった。石島氏は毎日新聞の取材に「当事者が不快な思いをされているということで、おわび申し上げ、反省している」と回答した。

 立憲フェスは同党議員と支持者らが交流する形で行われ、会場には自殺防止対策や原発問題などの社会問題を考えるブースが出展した。セクハラ発言を受けた女性は自身が所属する団体の活動を紹介するために「ジェンダー平等へ、ここから始める」のブースにいた。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです