メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリーランスに休業補償、日額4100円 第2弾緊急対策へ 実質無利子・無担保融資も

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 政府は10日、大規模イベント自粛や小中高校の一斉休校を要請したことに伴う第2弾の緊急対策を公表する。臨時休校対策で、フリーランスなど業務委託を受けて働く人が子供の世話をするために仕事を休んだ場合、日額4100円の補償をする方針を固めた。

 臨時休校に伴い、働く保護者に休暇を取得させた企業に対し、厚生労働省は日額8330円を上限に助成金を支給することを決めている。一方で雇用関係がないフリーランス…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 「足立区滅ぶ」LGBT差別発言の区議が本会議で謝罪 「傷ついた全ての方に心からおわびします」

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです