19年10~12月期GDP改定値 年7.1%減 マイナス幅拡大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
内閣府が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で、竹内紀臣撮影
内閣府が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で、竹内紀臣撮影

 内閣府が9日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比1・8%減、このペースが1年続くと仮定した場合の年率換算は7・1%減となった。2月17日発表の速報値(前期比1・6%減、年率換算6・3%減)から下方修正した。

 マイナス成長は5四半期ぶり。改定値は最…

この記事は有料記事です。

残り47文字(全文205文字)

あわせて読みたい

注目の特集