特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「SARSの時より衝撃」韓国・仁川空港は閑散 日韓往来客は通常の1%未満 ビザ効力停止始まる 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
韓国からの便で到着し、入国に必要な書類を検疫官に提出する人たち=関西国際空港で2020年3月9日午前8時36分、望月亮一撮影
韓国からの便で到着し、入国に必要な書類を検疫官に提出する人たち=関西国際空港で2020年3月9日午前8時36分、望月亮一撮影

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、日韓双方が査証(ビザ)の効力停止を始めた9日、韓国・仁川空港から日韓を往来する乗客は、通常の1%未満に落ち込んだ。韓国メディアは2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の時の冷え込みと比べ「もっと大きな衝撃」(韓国経済新聞)などと報じている。

 聯合ニュースによると、仁川空港から日本行きの便に搭乗予約している人は9日午前の段階で116人、日本からの便では202人だった。しかし、直前のキャンセルも相次いでおり、実際の乗客はさらに落ち込む見通しだ。18年の1日平均乗客数3万6792人と比べ、激減した。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文682文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集