特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

コンパクトシティー掲げ復興進めた宮城・山元町 コミュニティー作り難航

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
コンパクトシティーの対象として整備された「つばめの杜地区」には小型ではないスーパーマーケットができた=宮城県山元町で2020年2月20日午後2時3分、山越峰一郎撮影
コンパクトシティーの対象として整備された「つばめの杜地区」には小型ではないスーパーマーケットができた=宮城県山元町で2020年2月20日午後2時3分、山越峰一郎撮影

 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県南部の山元町は、病院や保育所、商業施設などを特定の地域に集約する「コンパクトシティー」を掲げて復興を進めてきた。震災から9年が近づく町を訪れたところ、新たに整備した地域のコミュニティーがなかなか機能しない一方、構想の外に追いやられた被災地で、人々が力強く生きる姿が浮かび上がってきた。

 山元町は、町の機能を町内3カ所の地区に集約してきた。その中心地としてJR常磐線山下駅周辺に整備された「つばめの杜地区」。コンパクトシティーの対象地区として住宅が整備され、スーパーマーケットの誘致にも成功した。他の対象地区では設置が見送られた保育所も同地区にはある。この便利になったエリアに、高齢者を中心に約1000人が暮らす。

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1167文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集