メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「風通しは十分」新型コロナで観光客激減の松江 遊覧船の船頭が割引券配布で懸命PR

乗船客が触れる手すりを消毒する職員=松江市殿町の大手前広場乗船場で、鈴木周撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、松江市では8日に予定されていた恒例の「アイリッシュ・フェスティバル」などイベントの中止が相次ぐ。一方、島根県内で感染者が確認されていないため、松江城の周囲を巡る堀川遊覧船は対策をとったうえで運航を続ける。運営する松江市観光振興公社の天野昭男事務局長(59)は「来てくれた観光客が安心して乗船できるよう全力を尽くす」と話している。

 同公社は遊覧船の3カ所の乗船場に手指の消毒液を設置し、券売所で接客する職員はマスクを着用。2月下旬からは船内の消毒を始めた。作業時は手袋をはめ、乗船客が触れる手すりや屋根に消毒スプレーをかけて布で拭く。大手前広場乗船場の安部優所長(70)は「お客さんが降りた後、次の出発までの間に念入りにやっている」と話す。

 静岡県伊東市から7日に訪れた藤井祐一郎さん(63)は「イベントの中止が多いので、運航してくれてありがたい」と笑顔だった。

乗船客が減少する中、割引券を渡して乗船を呼び掛ける船頭(右)=松江市殿町の松江城大手前広場で、鈴木周撮影

 しかし団体ツアー客の予約はキャンセルが続出している。通常はひと月あたり2000人以上という外国人客も数十人ほどに激減。船頭たちは松江城の大手前広場に立ち、観光客にPRして割引券を配布するなど懸命だ。

 厚生労働省は、新型コロナウイルスは換気が悪い場所で小規模な患者の集団が発生しやすいとしている。船頭の阪本誠さん(69)は「船内は風通しが良い。コロナウイルスを忘れて楽しんで」と呼び掛けている。【鈴木周】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです