メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「麒麟がくる」明智光秀の世界観に触れて 大津で大博覧会開幕 来年2月まで

「びわ湖大津・光秀大博覧会」の会場でもある西教寺の総門=大津市坂本5の西教寺で2020年3月8日、諸隈美紗稀撮影

 NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公で戦国武将、明智光秀ゆかりの地で、ドラマの世界観に触れられるイベント「びわ湖大津・光秀大博覧会」が8日、大津市坂本5の西教寺などで始まった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、一部の会場が開館を延期する中、多くの歴史ファンなどが訪れた。期間は2021年2月7日まで。

 博覧会は西教寺、滋賀院門跡(同市坂本4)、市歴史博物館(同市御陵町)の3カ所と、開館が延期になった西教寺の塔頭(たっちゅう)「禅明坊光秀館」の計4カ所が会場。光秀の書状やドラマで使用された衣装などを展示している。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです