メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「こんな大人になるな」 井手慶応大教授、小学生新聞連載に込めた思い

慶応大教授の井手英策さん

 井手英策慶応大学教授(財政社会学)が、2年にわたって毎日小学生新聞で連載してきた「『ふつう』に生きるということ」が今月、最終回を迎えた。社会の分断の処方箋に増税による格差是正を説く経済学者が、子供を主人公に「生きること」を説く物語を書いた。作品に込めた思いを聞いた。【聞き手・鈴木英生】

 ――小学生向けになぜ、物語を書こうと思ったのか。

 僕は2011年4月16日に急性硬膜血腫で突然倒れ、生死の境をさまよった。そういう時、人は走馬灯のように過去の記憶がよみがえるというが、僕の場合は、何もよみがえらなかった。よみがえるに値する記憶すら持てない生き方に衝撃を受けた。

この記事は有料記事です。

残り1950文字(全文2233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです