「プロ野球はファンとともに」巨人の今村司球団社長ら通常開催に強い思い 公式戦開幕延期

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロ野球12球団代表者会議を終え、記者会見で開幕延期を発表するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(左)。右は巨人の今村司球団社長=東京都港区で2020年3月9日午後5時41分、竹内紀臣撮影
プロ野球12球団代表者会議を終え、記者会見で開幕延期を発表するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(左)。右は巨人の今村司球団社長=東京都港区で2020年3月9日午後5時41分、竹内紀臣撮影

 日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は9日、公式戦開幕日を今月20日から延期すると発表した。NPBと12球団は各チーム143試合を通常開催する方針で、東京オリンピック開催に伴って変則的に組んでいた日程を見直しながら、4月中の開幕を目指す。

 NPBとJリーグが設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」(座長=賀来満夫・東北医科薬科大特任教授)の専門家チームから9日、プロ野球の開幕やJリーグのリーグ戦再開について「…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集