プロ野球「日本一早いマジックボード」点灯できず 開幕延期にファン「妥当」「街の活力が…」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
阪神タイガースの日本一早いマジック点灯と祈願の鳥居(後方)で知られる商店街。開幕の延期で点灯式は未定=兵庫県尼崎市で2020年3月9日午後5時32分、平川義之撮影
阪神タイガースの日本一早いマジック点灯と祈願の鳥居(後方)で知られる商店街。開幕の延期で点灯式は未定=兵庫県尼崎市で2020年3月9日午後5時32分、平川義之撮影

 プロ野球の開幕延期が決まり、ファンの人たちは残念がる一方、「妥当な判断」と納得する声も聞かれた。

 阪神ファンが集う大阪・北新地の居酒屋「まこっちゃん」のオーナー、竹田誠さん(56)は「仕方ない。シーズンが無事終わるだろうか」と心配しつつ、「無観客開催になれば、店内で流す有料放送を見にお客さんが来ることもある」と影響を測りかねる。「日本一早いマジックボード」で知られる「尼崎中央三丁目商店街振興組合」(兵庫県尼崎市)の寺井利一理事長(5…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集