メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

フリーライター 飛田 恵美子

飛田恵美子氏

 東日本大震災から9年。いま、東北にどんなイメージを抱いていますか? 「9年も経ったし、災害は全国各地で起きているから、いつまでも東北のことを考えていられない」と思う方もいれば、「あれほどの大災害から9年で復興できるはずがない、何らかの支援は今後も必要だ」と考える方もいることと思います。

 私自身は、ライターとして2012年から東北へ通い、“ものづくり”というキーワードで取材を続けてきました。復興プロジェクトに関わっていた友人から、震災後、東北各地で数百に及ぶものづくりのグループが生まれたと聞き、興味を引かれたのです。なぜ、同時期に多くの人がものづくりを選んだのだろう、そこにはどんな要因が絡んでいるのだろう、と。100近い団体に聞き取りを行い、その内容を「復興から自立への『「ものづくり』」という本にまとめて昨年出版しました。

 仕事や生きがいを失った女性たちに刺し子を教え完成した商品を販売する「大槌復興刺し子プロジェクト」、津波後に残された陶器のカケラを拾い集めアクセサリーに加工した「Nozomi Project」、瓦礫で灰色になってしまったまちをスペインタイルで鮮やかに彩る「みなとまちセラミカ工房」、福島県の大熊町から会津若松市に避難し、会津木綿でくまのぬいぐるみをつくりはじめた「會空」、出版社で大量に出るゲラを活用…

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文3179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです