メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら 小さな映画館で

 お気に入りの小さな映画館は、通学に使う路線沿いの静かなカフェの脇、階段をくだった地下にある。ドキュメンタリー作品が中心のラインアップを眺めては、月に何回か一人でふらりと立ち寄る。

 初めて衝撃を受けたドキュメンタリーは、高校生の時に見た、シリア内戦下で奮闘するジャーナリストを追った作品だった。戦闘の生々しい映像と、「死んだ方がマシ、死は怖くない」と訴える悲痛な市民の言葉が脳裏に焼きついた。何が正しいのかわからなくなった。私が平和を語るのは、偽善だとさえ思った。

 今も世界や身近な日常に困難はあふれていて、「ああすべきではない」「なぜこうしないのか」と語気を強めて人々は解決策を講じる。それを聞く度に、弱い私は萎縮する。強い言葉で語れるほど物事は単純なのかと、現実の複雑さにおびえて意見が言えなくなる。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです