メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

読見しました さよなら、遊園地

 

 実家の近所に、昔ながらの遊園地がある。アトラクションの所々にさびや傷があって、テーマパークのような派手さはまるでない。

 一方でテレビ番組のロケ地として使われているのを見て、誇らしい気持ちになるのも事実だ。休日に来園者の歓声が風に乗って聞こえてくると、今日もそこで誰かの思い出の一ページが作られているのかも、とひそかに胸が熱くなっていた。

 先日、その遊園地が90年以上の歴史に幕を下ろすというニュースが流れてきた。ずっと昔からうわさになっていたことだから、初耳だったわけではない。けれど、いざ新聞やテレビに取り上げられている様を見ると、あんなにからかっていたはずなのに、切なさがこみ上げてきた。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです