メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

高度な技術で切磋琢磨 東京工業大「ナルセジュン」 情報セキュリティーコンテスト優勝

「SECCON CTF 2019」で見事優勝を果たした、チーム「NaruseJun」のメンバーたち=同チーム提供

 昨年12月21、22日に開催された、日本最大の情報セキュリティーコンテスト「SECCON CTF 2019」。見事優勝に輝いたのは「NaruseJun(ナルセジュン)」というチームだ。東京工業大の「デジタル創作同好会traP(トラップ)」の所属学生、学生OBで構成されている。トラップでは個人、またはナルセジュンのようにチームを組んで、デジタルに関する幅広い活動を行う。豊富な知識を有するその団体に話を聞いた。【東京大・高橋瑞季】

 「デジタル創作同好会traP」はその名の通り、パソコンを使った創作活動やプログラミングをするサークルだ。コンピューターに「こう動いてほしい」と指示することをプログラミングと言う。団体の目標は「東工大生の知識の交差点であること」。高度な技術を持つ270人ほどの学生が切磋琢磨(せっさたくま)し、デジタルに関するありとあらゆることに挑戦している。

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです