特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

国際女性デー2020 県内女性議員7.5% 全国ワースト 昨年6月現在 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県内の議会の総定数に占める女性議員の割合が7・5%で、全国ワーストだったことが「市川房枝記念会女性と政治センター」(東京)の調査で明らかになった。前回2015年の調査(7・7%)に比べ0・2ポイント減少。前回調査より割合が低下したのは山梨と鳥取だけだった。【高田奈実】

 調査は同センターが1987年以降、4年ごとの統一地方選挙後に全国の自治体を対象に実施している。今回は19年6月1日時点での女性議員の割合を調査した。

 全国平均は14%で、最も女性の割合が高かったのは東京都の29%、ワースト2位は鳥取県の7・6%だった。政府は20年までに「指導的地位に占める女性の割合」を30%にする目標を掲げているが、地方政界は目標と大きく乖離(かいり)しているのが実情だ。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文684文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集