メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡が芸術の街に 来月25日~5月6日「ふじのくに⇄せかい演劇祭」 /静岡

記者会見でふじのくに⇄せかい演劇祭の内容を説明した県舞台芸術センター(SPAC)の宮城聰芸術総監督(中央)ら=静岡市駿河区で

 舞台芸術の祭典「ふじのくに⇄せかい演劇祭2020」が4月25日~5月6日に静岡市で開催され、仏パリなどの舞台作品が静岡芸術劇場(静岡市駿河区)と舞台芸術公園(同)で上演される。商店街や公園を使った関連イベントもあり、県舞台芸術センター(SPAC)は昨秋、米ニューヨークで公演し高い評価を得たギリシャ悲劇「アンティゴネ」を駿府城公園で上演する。【大谷和佳子】

 毎年ゴールデンウイークに行われ、今年で10回目。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続く可能性があるが、主催するSPACは「情報収集を行いながら、細心…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです