連載

大和森林物語

毎日新聞デジタルの「大和森林物語」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

大和森林物語

/56 林業教育の現在・過去・未来/4 即戦力求め「大学校」続々と /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 前回、県立吉野高校森林科学科の生徒数が減少し、再編が予定されていると記した。全国的に見ても、林業系の学科は高校、大学ともに減少の一途だ。

 ところが林業大学校は、ここ数年次々と開校している。大学校とは、学校教育法で規定されていない教育機関で、各種学校や専修学校も含む。主に高卒以上を対象として実践的な教育を行うとするものが多い。

 林業界でも人手不足が深刻なため、即戦力になる人材を養成しようとしているのだ。現在、林業系の大学校は全国に約20校あるが、とくに近畿周辺は多い。京都府立林業大学校をはじめとして兵庫県立森林大学校、和歌山県農林大学校、そして昨年開校したのが滋賀もりづくりアカデミーとみえ森林・林業アカデミーだ。他に福井▽鳥取▽岐阜▽徳島▽高知――の5県などにもある。募集対象を新卒だけではなく既就業者や市町村職員も含め…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1165文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集