メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ JA松山市、給食用余剰食材を配布 600人が長蛇の列 /愛媛

臨時休校のため余った給食用のキャベツを無料で受け取る子どもら=松山市北土居5のJA松山市・石井支所で、中川祐一撮影

 新型コロナウイルスによる臨時休校で余った給食用食材の廃棄を防ごうと、JA松山市は9日、松山市北土居5の石井支所で、地元産のキャベツ約500個とジャガイモ約2000個を無料で配布した。会場には長蛇の列ができ、25分ほどですべて無くなった。11~13日にも市内7支所で配布する。

 余剰食材が問題になっていると報道で知った同JAの女性職員が「何か協力できないか」と提案。市立小中学校と幼稚園の給食用食材を納入している「市学校給食会」から、給食で使われる予定だったキャベ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「やめられなかった」勤務時間中に喫煙3400回 学校抜け出し食事も 大阪府立高教諭処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです