メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国策の町

玄海原発との半世紀 大震災1年の日、2枚の写真 /佐賀

 2枚の写真がある。2011年の東日本大震災から1年となる12年3月11日、九州電力玄海原発が立地する玄海町で撮影された。

 1枚目にはスーツ姿の男性18人が前後2列に並ぶ。10人並んだ後列の右から4人目には当時の玄海町長、岸本英雄(66)が笑顔を見せる。後方の横断幕には「平成24年3月 11日会 第500回記念大会」と書かれている。写真は岸本を父親の代から応援する町の有力者が毎月集う「11日会」が、500回目を迎えたことを記念する大会の様子だった。

 写真は参加者のうちの一人から入手した。複数の出席者によると、記念大会は町民会館で午後3時半~同5時まで開かれたという。同じ日の午前中には元住職、仲秋喜道(90)らが参加した原発反対集会があった。対照的に、講演会などのあった記念大会では「明るい未来への道筋 原発興国論!」と題する資料が配られ、町の商工会や漁業、旅館関係者らが集まった。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです