メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

カルガモ 春の話題、ヒナと「引っ越し」 /長崎

カルガモ=長崎県諫早市で、足立旬子撮影

 冬から春先にかけ、諫早市の本明川でカルガモの群れをよく見かける。各地の河川や沼などにいるが、県内には越冬のため、多くが北から飛来するという。

 全体的に黒褐色で、くちばしの先が黄色い。日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(65)によると、他のカモ類と違って雌と雄が同じ色で、見分けるのは難しい。

 産卵時は外敵を避けて水辺近くの草むらな…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです