メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

アフガン和平と日本=国連事務総長特別代表・山本忠通氏

山本忠道氏

 アフガニスタンで政府と対立する旧支配勢力タリバンが2月末、政府側の後ろ盾・米国と和平合意に署名した。同国の安定は主要支援国の日本にも重要だが、昨年は民間人1万人超が紛争で死傷し長年の支援者・中村哲医師も殺害され治安改善の道は遠い。日本の関与に関し国連アフガン支援団の山本忠通・国連事務総長特別代表(69)にたずねた。【聞き手・和田浩明】

--昨年12月、東部ジャララバード付近での中村さんの殺害は、日本にも大きな衝撃を与えました。

 アフガンの首都カブールの中心部には、中村さんの大きな肖像画が描かれています。市民は皆、長年医療や農業分野で支援を行ってきた中村さんの貢献を知っているということです。政府間の支援は基本ですが、市民の支援は心が伝わります。中村さんが所属した福岡市のNGO「ペシャワール会」などには、安全に気をつけつつ、活動を続けていただきたいと思っています。

この記事は有料記事です。

残り2475文字(全文2860文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです