メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 「女性トップもっと増えて」 同志社大学長に初就任 植木朝子教授

同志社大の次期学長に就任する植木朝子教授(右)と、松岡敬学長=東京都中央区の同大学東京オフィスで2020年3月5日、中根正義撮影

 「女性のトップがもっと増え、注目されないのが望ましい。その数の一つの捨て石みたいな形でいることが役割と感じる」。同志社大副学長の植木朝子(ともこ)教授は4月の学長就任を前に、こう抱負を述べた。同大学では初の女性学長となる。

 今回の学長選は植木氏ら2人の女性で争われ、大学関係者の話題を呼んだ。松岡敬学長は「ダイバーシティー(多様な人材を積極的に活用しようとする考え方)が叫ばれる時代に適任ではないか。植木先生は他大学(お茶の水女子大)出身で、大学を俯瞰(ふかん)的に見られる人。同志社の考えを社会に発信してほしい」とエールを送る。

 同大学では植木氏から始まり、現在までに計7人の女性学部長が誕生している。とはいえ、73ある幹部ポストのうち、女性は兼任も含め延べ10人にとどまる。植木氏は「上に立つ人を増やしたい。もっとフラットに女性が入ればいいと思う」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです