特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

「銀座のママみたい」発言 立憲がセクハラ認定 市議「おわびします」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
静岡県伊東市議会本会議後、報道陣を前にセクハラ発言を謝罪する石島茂雄市議=伊東市議会事務局で2020年3月10日午後4時4分、梁川淑広撮影
静岡県伊東市議会本会議後、報道陣を前にセクハラ発言を謝罪する石島茂雄市議=伊東市議会事務局で2020年3月10日午後4時4分、梁川淑広撮影

 2月に東京都内で開かれた立憲民主党党大会「立憲フェス」で、党所属の静岡県伊東市の石島茂雄市議(61)がジェンダーを考える出展ブースに参加した女性にセクハラ発言をした問題で、石島市議が10日、報道陣の取材に応じ、党本部からハラスメントに当たると認定されたことを明らかにした。石島市議は「私の発言が相手を不快にした。当事者の方にも有権者の方にもおわび…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集