特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ、国連会議にも影響 女性会合は初日以外延期 NPT再検討会議にも懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日程が1日だけに短縮された「女性の地位委員会」の会合。空席も目立つ=米ニューヨークの国連本部で2020年3月9日、毎日新聞助手レンカ・ホワイト撮影
日程が1日だけに短縮された「女性の地位委員会」の会合。空席も目立つ=米ニューヨークの国連本部で2020年3月9日、毎日新聞助手レンカ・ホワイト撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界中から外交官らが集まる米ニューヨークの国連本部でも、会議の延期や短縮などの影響が出始めた。9日から約2週間、国際会合「女性の地位委員会」を開催することになっていたが、初日の行事以外はすべて延期。4月下旬には5年に1度の核拡散防止条約(NPT)再検討会議が開幕予定だが、影響を懸念する声も出ている。

 「女性の地位委員会」は、加盟国やNGOの代表が出席して女性の地位向上を話し合う会合で、6000人以上が集まると見込まれていた。しかし、新型コロナウイルスの感染が各国に広がる中、9日は政治宣言の採択だけに絞り、他の全日程を延期した。出席者についても、本国からの参加は見送り、ニューヨークに駐在する外交官らに限るよう加盟国に求めた。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文700文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集