メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南三陸で「心の癒やしに」始めた編み物が、山形でブランドへと成長

南三陸町の女性たちと作った「テトリコット」の2020年春夏商品のかご=佐藤繊維提供

 東日本大震災の被災者の「心の癒やしに」として始まった編み物が、手編みのニット製品ブランドへと成長した。山形県寒河江市の紡績会社「佐藤繊維」が昨秋、宮城県南三陸町在住の編み手3人と協力してブランド化。佐藤正樹社長(53)は「支援ではなく、対等な立場でビジネスとして長く続けていきたい」と話す。震災から11日で9年。被災地で培った技術が新たな一歩を踏み出している。

 両者の橋渡し役を務めたのは、震災後の2011年3月から被災者支援をしてきた盛岡市のボランティア団体「ハートニットプロジェクト」の松ノ木和子さん(68)=同市。全国から寄付された糸と編み棒、編み方の説明用紙をセットにし、岩手県陸前高田市や同県山田町、南三陸町などの避難所に届けてきた。すると、編み物の作品の精度が高かったことから、同6月には岩手県内のイベントで手作りのキーホルダーやマフラーなどの販売…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです