特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

対策しない場合…「高齢者の0.63%重症化」 医療研究開発機構推計 新型コロナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 新型コロナウイルス感染症について、感染防止対策を取らない場合、65歳以上の高齢者人口の0・45~0・63%が重症化するとの推計を、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班がまとめた。全年齢人口の6・5~10・6%が発症する想定だが、集会の開催自粛などの対策を取れば感染者数を抑えられるとしている。

 西浦博・北海道大教授が代表の研究班が、2月29日までの中国の治療データなどを基に感染流行シナリオの報告書を作成。想定した感染力に応じて3パターンのシナリオを提示した。

 感染力が中位のシナリオでは、流行の終息までに全年齢人口の9・0%が発症し、1・8%が入院が必要な状態になり、0・18%が呼吸不全で気管挿管や集中治療室に入るなど重症化するとした。高齢者に限ると、発症率12・8%、入院率5・8%、重症化率0・58%と高くなる。一方、若い世代の重症化率は小児(0~14歳)0・06%、成年(15~64歳)0・02%で、高齢者と大きな開きがあった。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文760文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集