メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少年刑務所服役中にけが 国に1831万円賠償命令 奈良地裁判決

裁判所

 奈良市の奈良少年刑務所(2017年3月に閉鎖)で服役中に行った建築作業訓練で目を負傷し、障害が残ったとして、堺市の20代男性が慰謝料や逸失利益など約5758万円を求めた国家賠償訴訟の判決が10日、奈良地裁(島岡大雄裁判長)であった。島岡裁判長は「注意義務を怠った」として刑務所側の過失を認め、国に約1831万円の…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

  4. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  5. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです