メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニコ動、休館した展覧会を動画配信 「江戸ものづくり列伝」が先陣

「江戸ものづくり列伝」展の会場からニコニコ美術館が生配信している模様=東京・江戸東京博物館で3月10日、高橋咲子撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、全国の美術館・博物館が軒並み臨時休館し、展覧会が会期末を待たずに終了したり、休止したりしている。そんな中、江戸東京博物館(東京都墨田区)は10日夜、2月末で見られなくなった特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」(会期は4月5日まで、臨時休館中)を多くの人に見てもらいたいと、動画配信サービス「ニコニコ動画」を使い、展示を公開した(https://live2.nicovideo.jp/watch/lv324617296)。

 ニコニコ動画のサービス「ニコニコ美術館」は2月28日、臨時休館を決めた美術館・博物館を応援したいと「ネット展示」の希望者を募集。ニコニコ美術館は、これまでも展覧会広報のための番組を配信しており、今回は番組制作や配信の費用は、運営するドワンゴが負担する。ドワンゴの高橋薫・ニュースコンテンツ担当部長は「展覧会は何年もかけて準備している。開けないことで悔しい思いをしている学芸員もいて、こうした機会に恩返しがしたかった」と話す。これまで40館近くから問い合わせがあり、最初に連絡があった江戸博が先陣を切る形となった。

「ニコニコ美術館」で生配信された動画画面

 配信は午後7時にスタート。画面に映った展示ケースの中には、緻密で愛らしいミニチュア工芸や名匠による刀剣、漆工芸などが並ぶ。普段と違うのは、観客がパソコンやスマートフォン越しに展示を見ている、ということ。

ニコニコ美術館が生配信している模様=東京・江戸東京博物館で3月10日、高橋咲子撮影

 「刀のつばはサムライのアイテム」「おしゃれのみせどころですね」。案内人役のライター・エディターで永青文庫副館長の橋本麻里さんと、江戸東京博物館学芸員の杉山哲司さんが展示を見ながら軽妙にやり取りすると、「これ実物、見たい」などとコメントが書き込まれた。

 展覧会は、蒔絵(まきえ)師、柴田是真ら5人の名工を軸に、江戸・東京の職人技を紹介する内容だったが、開会からわずか3週間で休止となった。同館の湯川説子・展示企画係長は、「展覧会を楽しみにしていた方々に、何とかして届けたいと思った」と呼びかけに手を挙げた理由について話す。臨時休館は10日時点では16日までとしている。湯川係長は「ウェブ中継を見た方も、再開後は実際に博物館に足を運んで細かいところをじっくり見てほしい」と話している。

 コンテンツは生配信の終了後も、会期中の4月5日まで「ニコニコ美術館」(https://ch.nicovideo.jp/niconicomuseum)で視聴できる。【高橋咲子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです