メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声をつないで

子連れの母親や高校生も参加 女性が政治家になるトレーニングの内容は

政治家に関心がある女性向けのイベントが2月に開かれた=東京都千代田区で2020年2月13日、竹内麻子撮影

 女性の政治進出が遅れているとされる日本。国政をみるだけでも、現在の女性国会議員の割合は参議院で22・9%にとどまり、衆議院では9・9%と1割を下回る。進出を阻む見えない「ガラスの天井」を打ち砕こうと、女性に政治家になるための自信をつけてもらうトレーニングを行う団体がある。【竹内麻子】

 「おかしいんじゃないかと思うことを動かすことができるのが、政治家の一番のやりがい」。2月中旬のある日の夜、東京都内のカフェで政治家に関心がある女性向けのイベントがあり、自民党と立憲民主党の女性議員が語りかけた。

 子連れの母親や仕事帰りの女性ら数十人が参加。軽食をつまみながらという和やかな雰囲気だったが、参加者からは「子供が何歳のときに選挙に出るのがよいか」など具体的な質問も相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです