メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

生き方のヒント、硬軟両面から 「あしたも晴れ!人生レシピ」プロデューサー 舟迫将信さん

舟迫将信さん=東京都渋谷区のNHK放送センターで2020年3月2日、屋代尚則撮影

 人生の「この先」を考え始める50代以上の人たちを主な対象にした、NHKEテレの情報番組「あしたも晴れ!人生レシピ」(金曜午後8時)。生活を豊かにするためのヒントを届ける番組で、13日の放送では、東日本大震災から9年を機に、震災で大切な人を失いながら、懸命に生きる人たちの姿を取り上げる。多数の死者や行方不明者を出した震災。「多くの遺族らが、亡き『あなた』と共に今を生きる姿を伝えたい」

 番組では、僧侶らが各地で被災者の話を聞く「移動式喫茶店」や、宮城県石巻市で両親を失った体験を伝える「命のかたりべ」の女性の活動を紹介。妻と幼い娘を失いながら、寝ている時の夢にその大事な家族が現れ、希望を得たという男性も登場する。被災者の睡眠中の夢に関する調査もしてきた大学教授の話も交え、その男性にとって「夢は死者とつながるツールだった」ことを伝える。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです