メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

小澤征悦 ドラマ「パパがも一度恋をした」山下吾郎役 真面目にバカをやる

テレビドラマ「パパがも一度恋をした」に主演する小澤征悦さん=東京都中央区で2020年1月27日午後4時11分、尾籠章裕撮影

 演じるのは愛妻の多恵子(本上まなみ)を亡くして以来3年間、自室に引きこもっていた吾郎。高校生の娘、トモ(福本莉子)も手を焼くダメパパぶりに、心配した天国の多恵子がなぜか、おっさん(塚地武雅)姿で帰ってくる。「作品のテーマは人は見た目か、中身か」。そんな永遠の命題を、究極の設定で軽~く描いたコメディー(14日で第7話)だ。

 吾郎の父、タロスケ(麿赤兒)が動物的な勘を持ち、仕草などが猫に似たキャラクターとして描かれるなど、阿部潤の原作は漫画ならではの誇張した表現が多い。「漫画なら面白くても、そのまま役者が演じると、何か足りないねってなる。シーンごとにいろいろ試しているので、芝居の“カロリー”は結構高いです」

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです