メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

小澤征悦 ドラマ「パパがも一度恋をした」山下吾郎役 真面目にバカをやる

テレビドラマ「パパがも一度恋をした」に主演する小澤征悦さん=東京都中央区で2020年1月27日午後4時11分、尾籠章裕撮影

 演じるのは愛妻の多恵子(本上まなみ)を亡くして以来3年間、自室に引きこもっていた吾郎。高校生の娘、トモ(福本莉子)も手を焼くダメパパぶりに、心配した天国の多恵子がなぜか、おっさん(塚地武雅)姿で帰ってくる。「作品のテーマは人は見た目か、中身か」。そんな永遠の命題を、究極の設定で軽~く描いたコメディー(14日で第7話)だ。

 吾郎の父、タロスケ(麿赤兒)が動物的な勘を持ち、仕草などが猫に似たキャラクターとして描かれるなど、阿部潤の原作は漫画ならではの誇張した表現が多い。「漫画なら面白くても、そのまま役者が演じると、何か足りないねってなる。シーンごとにいろいろ試しているので、芝居の“カロリー”は結構高いです」

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです