メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理の眼

お粗末な“反論”重ね=青木理

 僕も出演している情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)を名指しし、政府が新型コロナウイルス問題に関する放送内容に公式ツイッターで“反論”しました。もちろん、放送内容に誤りがあれば誰の指摘でも真摯(しんし)に受けとめて訂正するのが番組の責務。僕のような外部出演者の発言だって例外ではありません。

 しかし、今回は違います。まずは厚生労働省のツイッター。4日放送の番組は医療現場のマスク不足を取り上げ、出演した専門家が「医療を守らねば治療もできず、特に呼吸器関係の医療機関に重点的に配っていく」よう訴えたのですが、同ツイッターは翌5日、番組を名指しして<感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行った>などと“反論”したのです。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです