メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 休校中の学習に活用 児童館に七夕ノート 仙台 /宮城

こくばん七夕ノートにこれまで学んだことを書き込む子供たち=仙台市青葉区の東六番丁児童館で

 新型コロナウイルスの感染拡大で小学校の臨時休校が続き、多くの児童は自宅や学童保育での待機を余儀なくされている。休校中の主体的な学習に役立ててもらおうと、地元の大学や企業が開発した「こくばん七夕ノート」200冊が仙台市青葉区の東六番丁児童館に寄贈された。

 こくばん七夕ノートは子供が授業で学んだ内容を再現して書き、黒板と同じ横長で使う。先生や保護者、同級生に発表することで主体的な学習を支援できるとし…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです