メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

昭和の戦争を語る/60 「人間機雷」にあきれ果て=広岩近広 /大阪

 ――海軍特攻隊員だった岩井忠正さんは1945年4月、人間魚雷「回天」隊から人間機雷「伏竜」隊に転属した。「別冊1億人の昭和史 特別攻撃隊」(毎日新聞社)に、次の記述が見られる。

<悲劇的なのは伏竜隊員である。それは潜水服を着て海中を歩き、頭上を通過する敵上陸用舟艇の底に、棒のついた爆薬を突き上げるのだ。もちろん爆発の水圧で、隊員自身即死してしまう(略)アクアラングやゴムのひれはまだ日本では完成していなかった。だからヘルメット式の潜水服に圧搾空気のボンベを背負い、海底をノッシノッシと歩くわけだ>

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです