メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

さんろく自然塾うめだファーム(御所市) 教育者夫妻の民泊挑戦 目標は健康ツーリズム /奈良

民家を改修してオープンした農家民泊「さんろくのおうち」。風呂やトイレなど内部は全面改修しており、泊まり込んでも快適に過ごせる=御所市増で、稲生陽撮影

 登山者や歴史ファンに人気の金剛山のふもと、瓦ぶきの古い邸宅を活用した民泊「さんろく自然塾うめだファーム」では、泊まり込みながら農業体験や山歩きが楽しめる。運営するのは、元大学教授で医学博士の楳田高士さん(71)と、妻で元小学校長の敬子さん(67)。異色の経歴を生かし、自家栽培した薬草での薬膳料理や東洋医学を活用した「ヘルスツーリズム」の実現を目指している。【稲生陽】

 畑から裏山に一歩足を踏み入れると、ひんやりとした山の気配が肩に降りてきた。山道を15分ほど歩けば、地域で信仰されている「延命地蔵」のほこらが見えてくる。高台に立って見下ろすと、農地の向こうに奈良盆地が広がった。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです