メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

民主主義の超難問=古賀攻

古賀攻専門編集委員

 <sui-setsu>

 「3・11」のメモリアルを落ち着いて迎えられないほどに社会の動揺が続く。新型コロナウイルス対策を加えた特措法改正案は、主な与野党の賛成で今週中にスピード成立し、政府による緊急事態宣言が現実味を帯びてくる。

 国会審議を前に、立憲民主党の枝野幸男代表が法案についてツイッターで連続発信していた。

 「皆さん『緊急事態』という言葉に振り回されていますが、平時にもなされうる抑制的なものにとどまり、対象も明確で拡大解釈の余地はありません」「『何かすごいことができるようになる』との印象を振りまくことは、色々な意味で避けたいと思います」

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです